【家計簿公開】2020年2月の貯蓄実績
たかちゃん

こんにちは!
貯蓄加速ブロガーのたかちゃん@chotakachanです!(詳細プロフィールはこちら)

3月も中旬ですが2月の報告します。

我が家は専業主婦世帯ですので、給料は僕の労働収入のみです。

2月の手取り収入

1月より若干減り手取り約23万7000円の給料収入です。

手取りは23万7000円ですが、育児休業の関係で、住民税が2か月分天引きされています

それに加えて財形貯蓄(2万円)とiDeCo(1万2千円)が給料天引きされていますので実質28万円くらいです。

額面は1月と同じですね。

収入についてはサラリーマンなので代り映えしません。

2月の生活費 23万5千円

家賃 5万円

家賃は毎月5万円(駐車場・インターネット代込み)です。

水道光熱費 2万8000円

電気、水道、ガスと灯油代の合計が2万8000円でした。

暖冬の影響かエアコンを使う頻度が少ないです。

我が家はファンヒーターのない部屋はエアコンを使っているのですが、そこまでエアコン使っていなかったようです。

それと12月まで保温機能のあるポットを使っていたのですが、それが結構電気を食べます。

1月以降はポット(壊れた)とエアコン利用が無くなったので2000円安くなりました。

こんなに変わるのか・・・

でも、妻が電気ポット欲しがっていたから買いなおしします。

赤ちゃんいるとお湯がすぐに使えるのはとてもありがたいです。

保険料 2万円

基本年払いなので、それを月割りで各月に按分しています。(実際の支出は6月と7月になります。)

食費 2万5000円

2月は通常通りの買い物頻度でした。1週間5000円前後で過ごすようにしています。

数回僕が職場で外食をすることになったので、それが3000円くらい。

通信費 5000円

夫婦で2台分のスマホ代です。楽天モバイルを使っています。

交際費 4000円

職場の懇親会に1回参加しました。送別会だし仕方ないですね。

消耗品費 3万6000円

この月に息子のアトピーが悪化したので、空気清浄機や部屋の温度計を購入しました。

空気清浄機はヤマダ電機で26000円くらい、温度湿度計はアマゾンで3000円くらいです。
それ以外は生活消耗品になります。

子育て関係 3万1000円

この月にとうとうベビーカーを買いました。

西松屋で18000円。

それ以外はおむつとか服の買い増しです。

赤ちゃんはすぐに大きくなるし、季節も変わるから買う頻度が多いですね。

服はお下がりできるから、そこまでシビアに考えてはいません。

自動車関係 1万3000円

ガソリン代、自動車保険の月割り金額、車検代の積立金の合計です。

その他 2万3000円

手数料や交通費などの雑費の合計です。

2月の返済 1万3千円

奨学金の月額返済額です。

2月の貯蓄額 44万円

財形貯蓄へ 2万円
iDeCoへ 1万2千円
クラウドバンクからの分配金 5万1千円
FXでの収益 30万7千円
貯金→運用資金へ 5万円

2月末時点で貯蓄額約1,435万円になりました。

2020年からFXに挑戦しています。といっても売買益を狙うのではなくてスワップポイントを地道に稼ぐスタイルです。と言いつつも運よく利益が出ました。

FXは過去に失敗しているので、慎重に仕入れをしています。投資スタイルは長期視点のバイアンドホールドです。
※3月の話になりますが、例のコロナショックでFXは大きな含み損がでています。
ロスカットで退場しないように資金管理はしていますが、しばらく我慢の時が続くでしょうね。

我が家ではクラウドバンクをメインにして、FXは補助的に考えています。

さいごに

2月はまだコロナウイルスも楽観的な雰囲気がありましたね。

2月末から3月の今現在(10日)に至っても混乱が拡大しています。

2月は十分合格点です。節約×資産運用で早く5000万円まで貯めたいですね。

貯蓄初心者でも安心!我が家の貯蓄の味方

クラウドバンクでほったらかし運用!

考えたり勉強したくない人はここが楽ちん!!
我が家のメイン運用先で、1000万円以上運用して「放置」しているソーシャルレンディング事業者です。

【おすすめポイント】
その1 証券会社が取り扱う融資型クラウドファンディング シェアNo.1
その2 実績平均利回り 6.99%
※2019年3月末までの3年間運用終了したファンド実績値(2016年4月〜2019年3月末時点)
その3 デフォルト率 0.0% ※1 / 回収率 100.0% ※2
※1クラウドバンクファンドからの融資先が貸し倒れた率
※2クラウドバンクファンドからの融資回収率