簡単に貯蓄を成功させるには?貯まる仕組みを作っていこう!
こうちゃん

これから貯蓄を増やしていきたいんだけど、何をすればいい?

みよちゃん

毎日、うどん生活は嫌だよ!

たかちゃん

こんにちは!
貯蓄加速ブロガーのたかちゃん@chotakachanです!(詳細プロフィールはこちら)

今回はこれから貯蓄を始める人が、シンプルに簡単に貯蓄を成功させる方法についてお話しします。

貯蓄を成功させるシンプルな方法は、「お金の使い道を変える」ことなのです。

お金の使い道が変われば、我慢することなく、お金が貯まっていきますよ。

しかし、ほとんどの人は、貯蓄することは節約して我慢することと考えているでしょう。

ですので、我慢して(毎日うどん食べたり)節約するのですが、長続きせずに挫折してしまうのです。

確かに節約はします。ですが、毎日お金と一緒にストレスも溜めるような方法ではないです。

今回は、僕の実体験を踏まえて、貯蓄を増やすためのお金の使い道をお話ししていきます。

たかちゃん

ちなみにうどんをよく引き合いに出すのは、近所のスーパーでうどん1玉16円で売っているからです。

①毎月発生する費用を見直す

節約のイメージは我慢して買わない・食べない・遊ばないだと思います。

ですが、それ以外にも一度契約内容を見直してしまえば、ずっと効果が続く節約方法があります。

いわゆる固定費の節約と言いますが、これが侮れないほどの効果があるのです。

順番に見ていきましょう。

住居費

住居費は家賃や住宅ローンの返済額のことです。

マンションに住んでいる方は組合費や修繕積立金も住居費ですね。

住居費や立地、間取り、築年数などの要件が複雑に絡み合って値段が決まっています。

賃貸アパートや賃貸マンションに住んでいる方は、家賃が安くなると毎月の負担が一気に下がりますよ。

ただ、引っ越しにもお金がかかりますのである程度まとまった金額で安くできないとあまり意味がないことも事実です。

たかちゃん

我が家では引っ越しによって家賃が8万円から5万円になりました。引っ越し費用に全部で30万円くらいかかりましたが、1年で元が取れる計算になります。

我が家の場合は埼玉(都心通勤圏)から栃木への引っ越しなので、3万円の節約ができましたが、同じ地域で引っ越しする場合は極端に家賃を節約することは現実的でないかもしれません。

一度引っ越しをすると6年以上は住むと考えても、せめて2~3年で引っ越し費用と元が取れる感じだといいかもしれませんね。

ただ、引っ越しってお金以外にも大切な条件がありますから、節約目当てで引っ越すのも考え物です。

たかちゃん

家族や予算、勤務地と相談しながら慎重に決めていきましょう。

また、住宅ローンを利用している方は、金利の見直しや借り換えによって利息が安くなる場合があります。

あなたの信用力や銀行員がどれだけ営業熱心なのかにもよりますが、住宅は金額が大きい分金利が少し下がるだけで、支払利息の総額がウン十万円単位で安くすることができます。

借り換え後の繰上返済手数料など考える点はありますが、チャンスがあれば検討するといいと思います。

保険

残念ながら、現在の保険では貯蓄性の高い保険商品はほぼありません。

学資保険ですら元本割れする可能性が高くなっています。

特に、僕たちの世代(30代)は親の世代から「子どもが生まれたら学資保険に入りなさい」と保険の営業マンばりに言われると思います。

親世代は学資保険で貯まった世代ですが、僕たちの世代はそんな時代ではありません。

保険は保険。貯蓄は貯蓄。

役割を明確に分けて考えないと資産効率が悪くなってしまいます。

特に、保険に貯蓄性を求める場合は、毎月の掛け金が高くなる傾向が多いです。

保険料が高くなると当然お金は貯まりません。

必要な保障に絞って、貯めるべきところは自分で貯める方が資金効率が高いですよ。

たかちゃん

僕は社会人なりたての頃、当時の会社と提携していた保険会社に言われるがまま保険に加入していました。

その時の保険料は1万3000円でしたが返戻率73%(だったかな?)でした。

貯蓄性が高いと言われて契約していたのですが、よくよく考えてみると違いましたね。

同じ保証内容で掛け捨ての保険なら月3000円くらいに抑えることができます。

ただ、その時の営業マンの方は一つ真実を伝えてくれました。

「お金を貯めるなら保険じゃなくて貯金した方が早いです。」

保険は保険。貯蓄は貯蓄。(2回目)

役割を理解して、残りの1万円は自分で運用していけば、増えるスピードが格段に速くなるはずですからね。

保険料はひと月単位で考えるとあまり大きな金額にはならないですが、払込期間全額で考えると200~300万円と大きな支払いになります。

通信費

毎月のスマホ代もキャリアスマホから格安スマホに変更するだけで、月額5000円~1万円は節約になります。

これについては多くの節約記事が記載していることなので、深くは書きません。

我が家では夫婦二人ド〇モを利用して2人で月額2万円くらいでした。

楽天モバイルに変更したら2人で月額5000円くらいになります。

月1万5000円の節約は大きいです。

もしよろしければご検討を!

デメリットは通信速度は大手の方が有利ですね。格安スマホだと1秒くらい遅くなるイメージです。

あと、仕事で自分の携帯電話を使っている場合は、通話料定額無制限プランがあるところを利用しないと、通話料で大ダメージを受けかねないので契約内容は確認しましょう。

その他

行っていないスポーツジムや使っていない動画サイトがあるなら、解約してしまえばその分お金が浮きます。

使っていないものにお金を払い続けるのも大変なので、今自分の使っているサービスを見直してみましょう。

②見直した金額を別口座に移してしまう

上記はいわゆる固定費のメインの部分になります。

この項目のどれか一つでも行動することができれば、毎月同額が節約になるのです。

節約して、「あぁ得したなぁ」で終わってもいいのですが、普通預金の残したままだと使ってしまいそうになりますし、何よりも貯まっていく実感が沸かないので、貯蓄用の口座に移してしまうのをおすすめします。

定期預金

定期預金に移してしまえば、使わずに貯めていけますよね。

例えば、保険を見直して5000円安くなったとしたら、5000円の定期積立口座を作ってしまうのです。

これで節約した5000円を逃がすことなく貯めていけます。

お金の使い道が消費活動から貯金に変わります。

運用口座

節約で浮いたお金を投資に回すことで分配金分貯まるスピードが加速していきます

むしろ定期預金よりも利回りがいい分、早く貯まっていきます。

例えば、キャリアスマホを格安スマホに変えて、1万円節約できたとしたら、その月から1万円を運用口座に移してしまいましょう。

年5%で運用できるのなら1年後に500円プラスになっていますよ。

たかちゃん

1万円節約できたうえに500円もらえるのです!

これだけで、お金の使い道が消費活動から投資活動に変わります。

③①と②を繰り返す

今までのお金使い道を変えるだけで貯まるのです。

あとは、地道に繰り返すだけです。

契約変更が完了してしまうと、もうやることなくて暇になります。

たかちゃん

我が家もできること大半やってしまったので、もう暇です。

我が家では見直して節約できた金額をクラウドバンクで運用しています

我が家では、家賃も保険もスマホ代も見直して、合計で6万円は浮いています。

その浮いたお金をクラウドバンクに移して運用し続けてきたことで、今では4万円程度の分配金を毎月もらえるようになりました。

その4万円も再投資に回しているので、毎月10万円は貯蓄が増え続けているのです。

手取り25万円でも、3人家族でも、毎月10万円は貯まっていきます。

クラウドバンクについては次の記事で解説していますので、是非ご覧ください。
クラウドバンクの評判は?3年間の運用実績や感想を公開!

すでに、投資を開始している人も、1万円からスタートできますので、ポートフォリオの一部に組み込んでみると、安定感が増すと思います。

さいごに

貯蓄に我慢はいりません。

大切なのは、生活の中でお金の使い道を貯まる方向に変えていくことです。

貯まる方向に変えるために、最初は行動が必要ですが、一度始めればあとはもう暇ですよ。

今回は、固定費の有名どころをご紹介しましたが、各家庭によって状況は異なるので、一度見直ししてみてはいかがでしょうか。

貯蓄初心者でも安心!我が家の貯蓄の味方

クラウドバンクでほったらかし運用!

考えたり勉強したくない人はここが楽ちん!!
我が家のメイン運用先で、1000万円以上運用して「放置」しているソーシャルレンディング事業者です。

【おすすめポイント】
その1 証券会社が取り扱う融資型クラウドファンディング シェアNo.1
その2 実績平均利回り 6.99%
※2019年3月末までの3年間運用終了したファンド実績値(2016年4月?2019年3月末時点)
その3 デフォルト率 0.0% ※1 / 回収率 100.0% ※2
※1クラウドバンクファンドからの融資先が貸し倒れた率
※2クラウドバンクファンドからの融資回収率