貯金できない人の特徴と挫折するマインドとは

なかなか思うように貯金ができないんだよね
最初の数日は節約しようってなるんだけど、すぐに元の生活に戻っちゃう

たかちゃん

こんにちは!
貯蓄加速ブロガーのたかちゃん@chotakachanです!

何度も貯金に挑戦しているのに、毎回挫折してばかり

貯金に失敗してしまう人には共通点があります。

今回は失敗してしまう人の共通点をご紹介します。

僕も貯金ができない時期には、その共通点が見事に当てはまっていました。

貯金ができない人の共通点を解消することができると、あなたも貯金体質になりますよ!

なぜ貯金したいのか目標や目的がない

貯金のゴールが無いと、どんなに節約や貯金の知識を身に付けても行動に移すことができません。

漠然と貯金しようとすると挫折してしまいます。

目標の立て方については別の記事でご紹介しますが、貯金の目標を立てること、ひいてはなぜ貯金をするのかを決めることは長い貯金生活をしていくうえで大きなモチベーションの維持につながるのです。

我が家の場合は5000万円貯めることが目標です。

5000万円あれば、今運用しているクラウドバンクというソーシャルレンディング投資で、もう何もしなくても毎月20万円以上の収入が見込めるようになるからです。

これだけあれば、子供たちに好きなことをさせてあげられます。

車を買いたいでも、旅行に行きたいでも大丈夫です。

なぜお金を貯めたいのかを具体的に決めることが大切です。

残ったお金を貯金しようとする

給料から生活費などを支払って、それでも残ったお金を貯金に回していませんか?

今月はいくら貯めようと計画するのではなく、今月はこのくらい残ったから貯金しよう。

この考え方だと貯まっていくスピードが遅い上に、予測も立てられないんですよね。

貯金で挫折してしまう原因の1つに、将来の予測ができないことがあるのですが、

余ったお金を貯金にしてしまうと、今年はこのペースで行けば〇〇万円貯まるぞ!って思えないんです。

ゴールの見えない作業を延々と繰り返すと心が折れちゃうんですよね。

なので、貯められる人は先に貯金する金額を別で抑えてしまいます。

給料から貯金額を引いた金額で生活するのです。

それなら、この金額で生活すれば良いと分かりますし、将来いくら貯まるのかも予測できます。

何にお金を使っているのか調べない

お金が貯まらないと嘆く割には何にお金を使っているのか把握できていない人です。

なぜできなかったのか、原因を分析しようともせず、何がダメなのか考えようともせずな人。

理想を言えば家計簿つけて何を節約すれば良いかを考えるのですが、
家計簿つけてなくてもなんとなく今月はこれに金を使ったって分かるはずです。

そこから節約を実行するかどうかは、また別の問題ですが、

そもそも振り返らない、反省しない。

そんなんじゃ、貯金だけじゃなくて、何やってもダメな気もします。

ポイント貧乏

あなたはポイントカードを何枚お持ちですか?

もしかして財布の中にびっしりポイントカードが入っていませんかね?

入っているだけならまだしも、
「あと100円買えばポイントがついてお得だから、何か買わなきゃ!」と思っていませんか?

ポイントを貯めたいから買い物をするのでは、あなたの貯金は貯まりません。

「ポイントを貯めてお得に暮らしたい」ならわかります。

でもポイントを貯めたいから買い物をするのでは、
目的と手段が逆転してしまい、あなたは買わされる側にまわってしまうのです。

外食やコンビニで済ます

自炊ができない人はどうしても貯まりにくいです。

自炊は確かに手間がかかります。

時間も労力もかかります。

でも外食よりもかなり節約できますよ。

自炊すればスーパーに行って、何の食材が安くて、何が高いかわかります。

自然と何を買えば良いのかの相場感が養われるので、比較して買うクセが身のつきます。

ただ、日々仕事が忙しくて、自炊が難しいご家庭もあると思います。

その時はせめてお米だけは炊いてみませんか?

スーパーでお惣菜だけ買うのです。

それだけでもだいぶマシになります。

僕は結婚前の1人暮らししていた時は、基本は自炊をしてどうしても疲れた時はご飯だけ炊いて、おかずをスーパーで買うようにしていました。

外食してしまうと、1回800円くらいかかりますが、ご飯を炊いておかずだけ買うので、300円くらいになります。

運良く値下げ弁当があればそれでも良いかもしれませんね。

目先の誘惑に勝てない

お金が貯まらない人は、目先の誘惑に勝てない人が多いです。

「今これが欲しい」

衝動買いしてしまったり、
テレビショッピングやネット通販でのマーケティング戦略に乗せられやすいのです。

世の中の広告は、

あなたの買いたい気持ちを煽って煽って、

今だけ!ここだけ!あなただけ!

そんな感じで後押しされたら、

「あぁこれが僕が欲しかったものだ!」なんて、すぐに買ってしまいます。

目先の誘惑に負けないために、

衝動買いをしないようにするために、

僕はある質問を自分にしています。

その質問についてはこちらの記事にまとめました。
衝動買いを抑えるたった一つの方法と無駄遣いの理由

部屋が汚い

いつのテレビだったか、林修先生がメインで、売れないアイドルのアパートに行った時の話です。

その売れないアイドルは部屋がすごく汚かったんですね。

部屋に入って林修先生が一言。

「何かを成し遂げる人の部屋じゃない」

数秒の会話でしたが、すごく胸に刺さりました。

挫折ばかり、自分から行動できない人の家は汚いことが多いです。

ニュースで貧困家庭の特集とかよくあると思うんですが、

そこで紹介される家も汚いんですよね。

テレビの取材が来るって分かってるのに「なぜ掃除しない!?」毎回こんな疑問が湧いてきたのを思いだしました。

別に程度問題であって、潔癖かってくらい掃除する必要はないと思います。

でも、何もできない・やろうとしない人は自分の住環境のこともやろうとしないのです

で、何を言うかといえば

あいつが悪い
政府が悪い
俺はこんなに苦しい

これで結果が出る方が不思議です。

部屋が汚い人は貯金はおろか、何事も中途半端で挫折してしまう傾向はあるでしょう。

そんなことを言う僕も部屋の掃除は苦手です。

でも不思議なことにお金貯めるぞって決めたら、掃除する様になったんですよね。

もちろん凄く綺麗にしているわけじゃないですよ。

ゴミの日にゴミを出す。
いらないものを捨てる。
机の上くらいは整理する。

こんなもんです。

床が見えない、机が荷物やゴミで埋まってる人は、簡単な片付けから始めてみましょう。

さいごに

貯金ができない人の特徴をご紹介しました。

共通しているのは行動が無いことですね。

すすめられるがまま。

言われるがまま。

疲れるがまま。

汚れていくまま。

そのまま生活していると、お金をどんどん使ってしまい、貯金ができないなんてことになってしまうのです。

将来よりも今が大切だと考えてしまっているならば、そのマインドを変えていかなくてはなりません。

変えようと知識を得るため、たくさん検索して、たくさん情報を集めても、知識を実行に移さなければ貯金はできるようになりません。

将来よりも今が大切と考えていると、どんなに知識を得ても「今この欲望を満たしたい!」という気持ちが強すぎて、貯金をするために必要な行動がまったくできなくなるのです。

逆に言うと、正しいマインド身に付けて行動さえできれば必ず貯金はできます。

やること自体は何ら難しいものはないですからね。

貯蓄初心者でも安心!我が家の貯蓄の味方

クラウドバンクでほったらかし運用!

考えたり勉強したくない人はここが楽ちん!!
我が家のメイン運用先で、1000万円以上運用して「放置」しているソーシャルレンディング事業者です。

【おすすめポイント】
その1 証券会社が取り扱う融資型クラウドファンディング シェアNo.1
その2 実績平均利回り 6.99%
※2019年3月末までの3年間運用終了したファンド実績値(2016年4月?2019年3月末時点)
その3 デフォルト率 0.0% ※1 / 回収率 100.0% ※2
※1クラウドバンクファンドからの融資先が貸し倒れた率
※2クラウドバンクファンドからの融資回収率