家計簿のつけ方がわからない!自分に合った家計管理の方法とは?
たかちゃん

こんにちは!
貯蓄加速ブロガーのたかちゃん@chotakachanです!(詳細プロフィールはこちら)

みよちゃん

家計簿をつけていきたいけど、つけ方がわからないの

こうちゃん

家計簿にも種類があってどれを選べばいいのかわからない

多くの節約本や貯金本を読んでいると、必ずといっていいくらい「家計簿をつけましょう」と出てきますよね。

家計簿をつけるメリットはたくさんありますが、実際に継続するのも大変です。

自分にあった家計簿を見つけることができれば、家計管理がぐっと楽になりますよ。

今回は家計簿のつけ方がわからない方のために、家計簿のつけ方についてお話ししていきます。

たかちゃん

我が家は割と細かく家計簿つけています。

家計簿をつける目的・理由

あなたが家計簿をつける目的って何でしょうか?

お金を貯めたい

一番はきっとこれですよね?

家計簿にはお金の流れを知る機能があります

毎月の給料はいくらで、毎月の支払はいくらで、だから○○円貯まった、赤字だった、と計算できるようにするものです。

厳しい言い方をすると、「家計簿をつけただけではお金は貯まらない」です。

家計簿をつけて、支払いの中で無駄なものは無いか?反省するところは無いか?振り返るためのものです。

貯蓄の基本は収入>支出を維持すること。

これを目指すために家計簿は便利なツールというわけですね。

我が家の場合は、会計ソフトを導入して家庭版財務諸表を作成しています。

毎月、資産がどれだけ増えているのかが把握できて楽しいですよ。

家計簿で知りたいこと

我が家の家計公開記事では次の流れに沿って、家計簿を作っています。
家計公開記事はこちらです

収入と支出

貯蓄の基本は収入>支出です。

この公式を作り上げるためには、収入と支出がわかればいいわけですね。

家計簿での収入項目は?

収入は家族の収入金額を記載します。

内訳がわかればいいのですが、面倒なら合計でも構いません。

給料収入のほか、運用収入ご祝儀など、手に入った金額が収入としてカウントされます。

我が家の場合は、給料(賞与)と運用収入、その他の3項目で分けてます。

たかちゃん

収入項目はそこまで多くないので、難しくないと思います。

家計簿での支出項目は?

支出項目は各家庭によって様々ですね。

住居費(住宅ローン含む)
水道光熱費
通信費
保険料
食費
交際費
日用品費
外食・レジャー
教育費
服・美容
お小遣い

思いつく限り書いてみましたが、家庭によってもっとあるとか、そんなに項目無いよとか出てくると思います。

家庭によって分けて集計した方がお金の流れがわかるように、自由に選んでもらって構いません。

挫折ポイントの一つに項目の振り分けがわからないというのがあります。

例えば、食費か外食費かわからない、レジャーなのか交際費なのかわからないという場合です。

「よくわからないからもうやーめた。」

こういう人が結構多いです。

そこまで神経質にならなくていいのです。

家計簿をつける目的は「お金の流れを知ること」です。

お金の流れを知るためには、項目の振り分けがどっちかなんてどうでもいいのです。

迷ってイライラが増えていくのなら、どちらかにまとめてしまいましょう。

支出項目は神経質にならなくていいので、把握できる項目に振り分けてその月は何にお金を使ったのかがわかるようにできれば十分です。

家計簿に保有資産・負債額を書こう

お金を貯めたいのなら、月締めでいいのでいくらお金が貯まっているのかを記載していきましょう。

市販の家計簿は収入と支出から毎月の利益を計算するものが多いですが、実際に今いくらの資産や負債を持っているのかがわかりません。

会計用語で貸借対照表といいますが、毎月の収支だけではなく、実際にいくらの資産や負債があるのかを確認できるようにしたいですね。

収支にプラスして家庭の貸借対照表を作ると、あなたの家計の収支状態に加えて、財政状態も分かるようになります。

自分の家計を企業に近い目線で見てみると会計の基礎も学べて一石二鳥ですね。

通帳残高や資産残高を記載して、目標まであと○○万円!と書いておくだけでもモチベーションの維持になりますよ。

集計方法について

家計簿の特に支出項目を計算していくと、項目ごとに振り分けて集計という作業が出てきます。

ここでの挫折ポイントは集計が手間になることなのですね。

買い物のたびにレシートを持ち帰って、日々のレシートを集計して家計簿を作っていきますが、これが結構な手間になのですよね。

節約生活が習慣化されてくると買い物の回数が減るので手間が減ってきますが、始めたばかりのころは財布がレシートでパンパンなんてこともあるでしょう。

そうなると特に手書きの家計簿だと集計作業も手作業になるので手間が増えてしまいます。

エクセルや家計簿アプリ、会計ソフトを使えば支払い内容を入力するだけで自動集計できますので、その手間の部分は大きく改善できます。

家計簿もいろいろ

家計簿の種類もたくさんあります。

市販の家計簿も数多く出回っているので、それに沿って作ると迷わずに済むかもしれませんね。

ただ、手書きだと集計の手間がかかるのでエクセルやアプリ、ソフトを使って作成する方をおすすめします。

市販手書きノート

書店に行けばたくさんの家計簿が売られていますよね。

その中から自分にもできそうだと思えるようなものを利用すれば大丈夫です。

市販の会計簿だと、その家計簿の使い方やちょっとした節約コラムも載っているので結構便利ですよ。

僕は家計簿初心者だったころは、市販の家計簿を使っていました。

ただ、レシートの金額を記載して、電卓たたいて集計してという作業は大変でしたね。

大学ノート

大学ノードだと自分の好きなように家計簿をカスタマイズできるので、市販の家計簿に物足りなくなってきたら使ってみましょう。

自分でカスタマイズできるメリットがある反面、家計簿のマイルールが定まっていないと挫折の原因にもなってしまいます

僕はこの方法で家計簿付けたことはありませんが、実家はこの方法で家計簿付けていますね。

母は余計なマス目を使わなくていいから、大学ノートの方が楽と言っていました。

エクセル家計簿を利用

市販の家計簿や大学ノートで作るようなものをエクセルで管理します。

ネット上にはエクセル家計簿を無料公開してくれる方もいらっしゃるのでそれを使わせてもらってもいいですね

「家計簿 エクセル テンプレート 無料」

で検索するとかなり多くの家計簿テンプレートが出てきますので、気に入ったものを使えばいいと思います。

エクセルで家計簿をつけるとなると、レシートの集計を自動でしてくれるので作業がとても楽になります。

エクセルに詳しい方は、エクセル家計簿が便利ですね。

家計簿アプリ

家計簿アプリもたくさんの種類がありますよね。

正直、僕は家計簿アプリを使ったことが無いので、この辺りは全て「そうらしい」で書いています。

レシートの写真を取れば金額の取り込みをしてくれるので、集計が楽になるらしいです。

また、通帳やクレジットカード情報と連携をすれば、それも自動集計にできるのでさらに手間がかかりませんね。

資産状況や貯蓄状況も登録できるものもありますので、今一番技術が進んでいるのが家計簿アプリといえるのではないでしょうか?

たかちゃん

でも、僕は使っていません!

会計ソフト

市販で売っている会計ソフトを家計簿に応用する方法です。

我が家では弥生会計というソフトを使って家計簿を作っています。

個人的にはこの方法が一番おすすめです。

家計簿版損益計算書と貸借対照表が作れるのでかなり便利です。

たかちゃん

僕も妻も簿記ができるので、普通の家計簿よりもこっちの方がわかりやすいのです。

会計ソフトですから、レシートの金額を入力さえしてしまえばあとは自動集計です。

会計ソフトは複式簿記が採用されているので、入力さえしてしまえば、収入や経費、資産や借入残高まで全部わかるようになります。

さすがにレシートを写真に撮ったら計算されるような機能は無い(あるソフトも売ってはいます)のですが、それでも十分です。

会計ソフトで家計簿付けていると話すと、結構ドン引きされますがこの方法が我が家にあっているのでこのまま継続します。

家計管理は会社経営と根本的な部分は同じなので、会社の経理と同程度の表示ができるのはいいですね。

データも簡単に修正できるので、間違えても修正テープで直す必要がありません。

項目はどこまで細かく書くの?

項目の記載ですが、自分が重要だと思う程度で十分です。

例えば、ドラッグストアに買い物行ったときを考えてみます。

ドラッグストアで、子どものおむつ、食品、ごみ袋を買ったとすると、

我が家の場合だと、それぞれ子育て関係、食費、消耗品費に分けて集計しています。

でも、メインがおむつだとしたら全部まとめて子育て関係の項目に入れてしまっても構わないです。

我が家は比較的細かく項目分けしているので、レシートの中身も分けるようにしています。

特に、子育て関係、食費、消耗品費、交際費はよく見るようにしています。

月によって変動が生じやすい項目なので、反省点を探すためにもこの4つは注意して入力しています。

あと個人的に子育て関係と食費は、2人目3人目を考える時の参考にしようと思っているので、ちょっと面倒でも項目分けはちゃんとやるようにしています。

うちはもうこの生活を4年以上続けているので慣れていますが、そうでなければ項目分けは「ずぼらかも」って思うくらいからスタートしてもいいでしょう。

目的はお金の流れを知ることであって、きれいな本を作ることではありません。

家計簿作成にエネルギーを使って、本来の節約行動に支障が出ないようにしましょう。

クレジットカード払いの時はどうするの?

クレジットカード払いでは家計簿に記載するタイミングが変わってきます。

①購入した日に支出計上する方法
②カード引き落とし日に支出計上する方法

この2つがあります。

この2つをじっくり解説しようとすると文字数がとんでもないことになりそうなので、別記事で作成します。
家計簿のつけ方!クレジットカード払いの時はどうするの?【キャッシュレス決済も】

我が家では購入した日に支出計上して、引き落とし日には支払額を準備できるように管理しています

会計ソフトを使っていますので、カード明細とにらめっこすることもありません。

家計簿アプリでクレジットカード会社とリンクさせると、カード情報がアプリで管理できるようになりますので、それを利用すると便利かもしれませんね。

個人的には購入した日に費用として家計簿をつけた方が、モノの動きがわかるので見直した時にわかりやすいです。

逆に引き落とし日に費用とする場合は、管理は楽でしょうけれど、引き落としされた時には「アレ?何買ったっけ?」と思い出すのも大変になってしまいます。

無駄を探すのが難しくなってしまいますよ。

いつからはじめればいい?

ぜひとも今から始めましょう

家計簿は他人に見せるわけではない自分だけのデータです。

過去にさかのぼって直してもいいし、今日の残高から始めるのもOKです。

家計簿は継続が重要なので、はじめるなら早い方がいいです。

早く始めて、だらだらとでもいいので続けていくと必ず見えてくるものがあります。

家計簿の締め日はいつにすればいい?

次は月締めをいつにするかですが、毎月1日開始の月末締めでいいと思います

専業主婦(夫)世帯で収入が一つだけの場合は、給料日を月初めにして、給料日の前日を月締めとしている家庭もあります。

たかちゃん

給料日が毎月のスタートだと気持ちが新しくなっていいかもしれませんね。

ただ、アプリや会計ソフト、市販の家計簿は基本的に1日開始になっているのであえて別の日を開始日にする必要もないでしょう。

家計簿が苦痛で続きません

節約の入り口は家計簿といわれることが多いせいか、家計簿がつけられない人は一生お金が貯まらないと思ってしまっている人が多いです。

ですが、それは勘違いです。

冒頭でもお話ししましたように、家計簿の目的はお金の流れを知ることです。

家計簿をつけたからといってお金が貯まるわけではありません。

家計簿の継続ができなくて絶望感に苛(さいな)まれるくらいなら、止めてしまいましょう。

他の方法なんていくらでもあります。

家計簿が続かない方向けにはこちらの記事がございますので、是非読んでみてください。
家計簿つければ貯金が増える?家計管理は節約生活に必須なのか?

さいごに

家計簿のつけ方についてでした。

手書きの家計簿もたくさん発売されていますが、僕はパソコンやスマホで管理した方が便利だと思っています。

家計簿をつければ必ず貯まるというわけではないのですが、家計簿をつければその家庭の弱点がわかるので貯まりやすくなるのは事実です。

家計簿は長期的に継続して効果が出てきます。

挫折しないように自分へのハードルは低く低くして、継続重視でいきましょう。

僕が頑張っているのに貯金が増えない理由についてこちらでお話ししています。
頑張っているのに貯金が増えない!多くの人が失敗する一番の理由とは?

貯蓄初心者でも安心!我が家の貯蓄の味方

クラウドバンクでほったらかし運用!

考えたり勉強したくない人はここが楽ちん!!
我が家のメイン運用先で、1000万円以上運用して「放置」しているソーシャルレンディング事業者です。

【おすすめポイント】
その1 証券会社が取り扱う融資型クラウドファンディング シェアNo.1
その2 実績平均利回り 6.99%
※2019年3月末までの3年間運用終了したファンド実績値(2016年4月?2019年3月末時点)
その3 デフォルト率 0.0% ※1 / 回収率 100.0% ※2
※1クラウドバンクファンドからの融資先が貸し倒れた率
※2クラウドバンクファンドからの融資回収率