固定費の節約で簡単にお金が貯まる!効果抜群な方法とは?
こうちゃん

固定費の削減っていっても何をすればいいのかわからないんだよね。

みよちゃん

「固定費を節約しよう!」って言われても、固定費なんて支払いないじゃん!

たかちゃん

こんにちは!
貯蓄加速ブロガーのたかちゃん@chotakachanです!(詳細プロフィールはこちら)

今日は節約効率を上げる固定費削減についてご紹介します。

固定費って言われても何だかピンと来ないですよね。

固定費なんて支払いなんて無いですから。

固定費って簡単に説明すると、毎月ほぼ同じ金額を支払っているものと考えていただいていいです。

家賃とかスマホ代って毎月払ってますよね?

固定費の特徴の1つですが、1回契約するとその支払がずっと続くことなんです。

逆に言えばですよ!

1回契約を変えてしまえば、1回手続きをしてしまえば、その支払がずっと節約できるのです。

しかも結構な金額が節約できます。

毎日、注意して電気を消したり、安いスーパーを探して走り回るよりもはるかに効果的です。

僕は契約変更って手間がかかるので避けてきたのですが、実際にやってみるとものすごく節約になりました。

固定費削減の中であなたにできるものがあればぜひ実践してみてください。

1 使っていないサービスはあるか?

あなたは預金通帳やクレジットカードの明細って定期的に見ていますか?

定期的に見返してみると、実は使っていないサービス料金をずっと払っていたということもあるのです。

たとえば、昔入会したサービスの年会費とか、

引き落としのタイミングが年1回の場合が多いですよね。

そうすると見落としてしまって継続してしまうのです。

こういうのって途中解約してもお金返ってきませんから、
来年解約しようと思っていても、来年も忘れてお金を払ってしまう。

なんてことになってしまいます。

僕もそんな失敗をしていて、

有名どころだと「A〇azo〇プライム会員」ってあるじゃないですか?

あれに1ヶ月お試しで加入したのですが、解約を忘れて会費を払い。

翌年も忘れて会費を払い・・・

実は今年も忘れてしまいました

Amaz〇n使ってる人ならいいんですよ。

映画も見放題ですから、使い倒せる人はお得なサービスだと思います。

でも、僕は映画見ないし、買い物も滅多にしないので送料と年会費比較すると赤字なんですよね。

それと僕じゃなくて親の話になりますが、

使っていないクレジットカードの年会費を毎年払っていました

買い物すると「ご一緒にクレジットカード作成すると割引します」みたいなキャンペーンあるじゃないですか?

それに乗ってクレジットカード作ってるんですけど、年会費かかるタイプなんですよね。

クレジットカード作ってもメインのクレジットカードではないので、せっかく作っても使わないんですよね。

使わなくても年会費はかかるので毎年支払いだけしてました

気づかずにいると値引きの意味なくなってしまうわけですよ。

こういうことがあるんですね。

なので、定期的に預金通帳やクレジットカードの明細を確認して、使ってないサービスが無いかを定期的にチェックしましょう。

注意するのは年払いのものです

使ってないのに金だけ払うなんて大損ですから。

定期的に見直して無駄なサービスにお金を払ってしまっていないかを見直してみましょう。

2 引っ越し

我が家で一番効果があったのが引っ越しです。

正直、節約しようとして引っ越ししたわけではないのですけれどね。

元々、埼玉県で家賃、駐車場1台分で8万円のところに住んでいたのですが、子どもが産まれることを機に栃木県に引っ越ししました。

※このあたりのいきさつは僕のプロフィール記事に記載しています

引っ越しした結果、家賃が5万円の駐車場・インターネット料金込みになりました。

これで1ヶ月で3万5千円くらいの節約になります。

とても大きいです。

確かに通勤時間は増えましたが、それを補って余りある節約効果だと思ってます。

年間にすると、42万円。これがずっと続きます。

結構大きな金額が節約になりますよ!

あなたがもし家賃を負担に思っているのであれば、引っ越しおすすめですよ。

3 格安スマホ

我が家は以前はド〇モのスマホを使っていました。

今は楽天モバイルを使っています。

ドコ〇のスマホ利用していた時は2人で毎月18,000円の通信費がかかっていました。

楽天モバイルに変更すると毎月5,000円しないくらいになりました。

僕が5GBで妻が2GBの契約です。

電話なんてしませんから、通話オプションなんて必要ありません。

たまに電話したとしてもオプション料金よりも安いです。

通信速度も特に不満はありません。動画もほとんど見ないですからね。

格安スマホに変更するだけで毎月13,000円の節約になりました。

これも1回契約を変更するだけこれだけの節約になるのです。

別に楽天モバイルにしなくてもいいです。今はたくさんありますから、お好みのものを選びましょう。

もしまだ、大手キャリアのスマホを利用している方は、自分の好きな格安スマホに変更してしまいましょう

解約料金払ったとしてもお得になりましたよ

4 新聞

我が家も以前は新聞を購読していました。

上司から「社会人なんだから新聞くらい読みなさい」と渋々契約した新聞。

最初のころはせっかく買ってるのだから新聞読んでましたが、

もうやめてしまいました。

一応大手新聞読んでましたが、面白くないんですよね。

淡々と事実を述べてくれればいいのですが、記者の意見とかどうでもいいんですよね。

僕にとってはですが・・・

日々のニュースはスマホアプリの「スマートニュース」の経済とテクノロジー系のニュースだけ表示されるように設定して、見出しと気になる記事だけを確認するようにしました。

これで十分だってわかったんですよね。

世間の流れだけ把握できればそれでよいので、新聞購読する必要が無くなってしまいました。

新聞も毎月3500円くらいかかります

これが無くなると結構節約になりますよ。

5 電気代

電気代の節約って小まめに電気を消すイメージでしょうか?

こまめな節約って神経を使う割に節約効果が少ないんですよね。

イライラするような節約は挫折の原因にもなります。

最近は電力自由化で電力会社を選ぶことができるようになりました。

でも、明確な違いって、基本料金がどのように設定されているかくらいです

電力の供給が安定かどうか、電気のクオリティが良いかどうかなんて、検証のしようがないんですよね。

我が家は引っ越しの際にお願いしていた不動産会社の人が東京電力以外の電力会社を紹介してくれたのでそれにしてしまいました。

基本料金の部分くらいです。もしかしたら料金プランが会社によって異なるかもしれませんが、大きく差がつくのはこの部分です。

僕は電力会社の変更で月額800円安くなりました。あまり深く考えないで乗り換えたのにです。

年単位にすれば9,600円程度になります。

1万円にも満たないのですが、節約ってこういうことの積み重ねです。

6 保険

よく、手取り収入があまりないのに保険にだけはたくさん入る人がいます。

職場の先輩の話になりますが、この先輩結構な「保険貧乏」です。

先輩夫婦は二人合わせて毎月8万円近くの保険を払っています。

生命保険、医療保険、学資保険・・・

最近は学資保険であっても利率が高くありません

保険に貯蓄性を求めると毎月の掛け金が高くなる傾向があります。

掛け捨てにすれば、月額保険料を抑えて保証はそれなりにすることができますが、保険を選ぶときには「どうせなら貯蓄性の高い保険を・・・」って思いがちです。

10年以上前は保険の利回りってよかったのですが、もう今は銀行預金の利息に毛が生えた程度です。

保険に投資効果を期待するのであれば、もっと効果的な投資法があります。

我が家の場合は保険料は月額2万円です。

そのうち1万円は妻が結婚前から契約している貯蓄性の高い保険で、これは10年以上昔の良い時代の保険だったので解約せずに続けています。

それ以外はすべて掛け捨てです。

生命保険と医療保険とがん保険を二人分ずつ。

保険に投資効果は期待しないで、自分で運用しています。

保険は保険、貯蓄は貯蓄

役割を明確にすると保険貧乏にはなりませんよ。

7 公共料金(クレジット払い)

公共料金の支払いを節約する方法もあります。

ただ、公共料金の金額そのものを安くすることはかなり難しいです。

サラリーマンの節税方法なんて今は確定拠出年金(イデコ)やふるさと納税くらいのものです。

健康保険や年金は給料から天引きされていて自分で調整できません。

そんな状況でもできることはあります!

公共料金の支払い方法を変更することで節約するのです。

口座引き落としから、クレジットカード払いにすることです

もちろん自治体によってはクレジットカード払いできないことがあります。

僕が住んでいる自治体もクレジットカード払いできません。

でも、やり方はありますよ!

クレカ不可の自治体であってもコンビニ払いはできるんですよね。

セブンイレブンであればナナコで支払うことができます。

ナナコはクレジット入金が可能なので、間接的にクレジットカード払いができるというテクニックです。

セブンカードプラスのポイント還元率は0.5%なので、0.5%分お得になります。

正直、地道ですが、公共料金を少しでも節約するにはこの方法は効果的です。

我が家で使っているカードは楽天カードとナナコクレジットカードの2枚です。

直接値引きが狙えなければポイントが貯まるような仕組みを利用してしまいましょう。

8 自動車

あなたは自動車お持ちですか?

我が家は田舎に住んでいるものですから、自動車が無いと死活問題です

買い物にも行けません。

でも、埼玉県に住んでいた時は車なくてもいいんじゃね?ってずっと思ってました。

埼玉県でも東京への通勤圏に住んでましたから、スーパーとかの施設がとても充実しているんですよね。

歩いて数分で買い物もOK。

ちょっと遠いときはバスもある。

むしろ車じゃ渋滞に巻き込まれる。

住むための地域でした。

こういう地域に住んでいる方であれば、自動車無くても生活できちゃいますよね。

埼玉時代には自動車あんまり乗らなかったんですよね。

駐車場代、車検、タイヤ、保険・・・

結構、維持費は払ってました。

これは結果論ですが、我が家は栃木に引っ越してますので、手放さなくて正解だったのですけれども、
もし、あなたが車が無くても生活できる地域にお住まいなのであれば、

本当に自動車あった方がいいのか、再検討してみてください

都心だとカーシェアも発達しているので、自動車の使い方も多様になっていますよ。

9 さいごに

固定費の節約についてまとめてみました。

僕が実践したもの(自動車はしてませんが・・・)をご紹介しました。

引っ越しや自動車を手放すことはそれなりに覚悟が必要です。

今の環境を変えることってすごくエネルギーが必要だからです。

固定費の節約で一番の壁は自分自身の「現状維持したい気持ち」です。

そこを乗り越えて、思い切った行動ができると、

自動的にお金が貯まるようになりますよ

貯蓄初心者でも安心!我が家の貯蓄の味方

クラウドバンクでほったらかし運用!

考えたり勉強したくない人はここが楽ちん!!
我が家のメイン運用先で、1000万円以上運用して「放置」しているソーシャルレンディング事業者です。

【おすすめポイント】
その1 証券会社が取り扱う融資型クラウドファンディング シェアNo.1
その2 実績平均利回り 6.99%
※2019年3月末までの3年間運用終了したファンド実績値(2016年4月?2019年3月末時点)
その3 デフォルト率 0.0% ※1 / 回収率 100.0% ※2
※1クラウドバンクファンドからの融資先が貸し倒れた率
※2クラウドバンクファンドからの融資回収率