クレジットカードで節約できる!現金払いよりもお得な理由
みよちゃん

節約したいならクレジットカードは解約しろってよく読むんだけど本当?

こうちゃん

貯金したい人は全部現金払いにするべしって聞くよね。

みよちゃん

でもクレジットカード使えばポイント貯まるから、お得だと思うんだけど。本当のところはどうなんだろう?

たかちゃん

正しく使えばクレジットカード払いの方がお得だよ!

たかちゃん

こんにちは!
貯蓄加速ブロガーのたかちゃん@chotakachanです!(詳細プロフィールはこちら)

貯金したければクレジットカードを使うな!全部現金払いにしろ!

僕も節約本を読んでいた時は、こんな感じの主張があちこちにあったことを覚えています。

ネットで節約指南している方の意見を見てみると、やっぱりクレカ反対派が多くいる印象です。

でも、クレジットカードを使うなと言っている人のターゲットって「借金してまでも見栄や物欲を満たしたい人や、実際にクレジットカードを使って本人も何買っているかわからない人」なんですね。

要は、自己管理が全くできない人に向けて書かれた意見だと思います。

通常の金銭感覚を持っている人は、正しくクレジットカード使えるわけですよ。それなのに、クレジットカードは切って捨てろとか言われると、なんだかモヤモヤした気持ちになるわけです。

ましてや、家計簿付けて家計管理できている人はクレジットカードを使ってモリモリポイント貯めることができて、現金払いよりもはるかにお得です。

我が家ではクレカ払いできるものは全てクレジットカードの一括払いで支払っています。

還元率が1%くらいですから、毎月800ポイントくらい貯まっている計算ですね。

今回はクレジットカードを活用して節約する方法をお話しします。

たかちゃん

ご注意:前提としてこの記事では身の丈以上の買い物をしてしまう人はターゲットにしていません。普通の金銭感覚の持ち主で貯蓄習慣がある程度身に付いている人向けに書いています。散財してしまう方は次の記事をお読みください。

見栄っ張りは貧乏の始まり?身の丈に合った暮らしにしかたとは?
衝動買いを抑えるたった一つの方法と無駄遣いの理由

クレジットカードで支払えるものは全てカード払いにする

クレジットカードで支払いができる店舗での買い物は全てクレカ払いにしましょう。

シンプルにこれだけで、現金払いにするよりも1%分の節約になります。

我が家では楽天カードを使っていますが、クレジットカードを使うと利用金額の1%くらいがポイント還元されるので、それを利用するわけです。

クレカを利用すればするほどポイントが貯まりますよ。

最近は余程の個人商店でない限りは、クレカ対応しているお店がほとんどです。

近年のキャッシュレス政策でさらに、対応店舗が増えています。

メインとなるカードはせいぜい2つ

我が家では楽天カードセブンカードプラスを使っています。

楽天で買い物することが多いので、ポイントで買い物もできますし、楽天ポイントで投資信託を買うこともできるのでとても便利です。

メインは楽天カードですね。

セブンカードプラスは、公共料金の支払いで利用しています。

公共料金の支払いはクレジットカード払いができないのですが、コンビニ払いはできます。

セブンイレブンならナナコ払いができますので、ナナコにクレジットチャージをすればチャージ分にポイントが付きます

ナナコへのクレジットチャージは0.5%のポイントが付きますので、公共料金の額の0.5%分がポイントで還元されるわけです。

メインのカードをしぼる理由は、金額をまとめた方がポイントの貯まるスピードが速いからです。

管理が楽というのもありますね。

カードが分散しているとそれぞれに少額のポイントが貯まりはしますが、ポイントを利用したい時に使いにくくなってしまいます。

カード払いにできるもの一覧

業者側から、口座引き落としや現金払いをすすめてくるものであっても、カード払いができるものも多くありますので、契約の際には必ず確認しましょう。

電気代

契約時に銀行の口座振替をしている家庭が多いと思いますが、クレカ払いできる会社が多数なので支払い方法を変更してしまいましょう。

我が家では季節変動がありますが、平均して月7000円くらいの電気代になります。

支払方法を変えるだけで毎月70ポイント貯まりますよ。

ガス代

ガス代もクレカ払いできる業者が多いです。

一部地方は個人商店がガス販売をしている(僕の実家がそう)ので、その場合はクレカ払いできません。

そのときは、業者を変えるか、無理せずに諦めましょう。

できないことにエネルギーを使う必要はありません。

我が家は、平均して月8000円くらいのガス代です。毎月80円分のポイントが貯まります。

水道代

水道代は、お住いの市区町村に対して支払います。きっと、口座振替が多いと思います。

うちの地域ではクレカ払いに対応していません。

なので、コンビニ払いにしてセブンイレブンでナナコ払い(クレジットチャージ)にしています。

水道代は月平均7000円くらいなので、35ポイントくらい貯まりますね。

電話代・ネット代

電話代やインターネット代はクレカ対応している会社がほとんどのはずです。

まだ、口座振替のままであれば支払方法を変更してみましょう。

我が家では毎月5000円しないくらいですので、50ポイントくらい貯まりますね。

NHK

NHKもクレカ対応しています。

NHKは年払いにするとトータルの受信料が安くなるので、おすすめはクレカ払いの年払いです。

お金に余裕があれば年払いにしてみてはいかがでしょうか?

新聞代

もし、新聞を購読している場合は、新聞の販売店によってはクレジットカードに対応しているかもしれません。

変更できれば、月3500円くらいの購読料なので35ポイントは貯まりますね。

保険料

保険料もクレジットカード払いに対応している会社が多いので、口座振替している場合は変更してみましょう。

これから保険を契約しようという方は、年払いにするとトータルの支払額が安くなるのでそちらもご検討ください。

食費・消耗品など

支払いがクレカ対応しているものは全てですから、スーパーやホームセンターでの買い物もクレカ払いにしましょう。

食費も月3万円くらいしてしまいますから、毎月300ポイントが手に入るわけですね。

税金・社会保険料・その他公共料金

水道代と同じで、自治体によってはセブンイレブンでナナコ払いにすればクレジットチャージ分のポイントが貯まりますよ。

僕はサラリーマンなので、税金とかをコンビニ払いすることはあんまりないんですけどね。

病院

まだあまり広まっていませんが、大きな病院では治療費をクレカ払いできる病院があります。

もしあなたが通う病院がクレカOKであれば積極的に使っていきましょう。

出産した病院はクレカOKだったので全てクレカ払いでポイントが貯まりました。

クレジットカード払いの注意点

必ず一括払いで支払う

クレジットカードの分割払いになると、手数料が発生します。

手数料というよりも借金に対する利息と考えた方が正しいですね。

分割払いはローンと同じです。

クレジットカードで失敗する人は、ほぼ間違いなく分割払いを利用して失敗しているのです。

こちらの記事でローンについてお話ししています。
ローンは組むな!?借金のしくみについて解説します。

一番の節約は何も買わないこと

クレカで買い物するとポイントが貯まって節約になりますが、ポイント欲しさにたくさん買い物をしてしまっては本末転倒です。

クレカ以外にもポイントをくれる企業はたくさんあります。

ポイントをメインに買い物をしてしまうと、ポイント貧乏になってしまいますよ。

一番の節約は何も買わないことです。

目的はあなたの貯蓄を増やすことであって、ポイントを貯めることではありません。

ポイント貧乏や買い癖を治す方法についてはこちらの記事でお話ししています。
ポイントカードの罠~ポイント貧乏にならないために~
【買い癖を直す方法】買わないことが一番の節約!財布を開かない日を作ろう

さいごに

クレジットカードは賢く使えばポイントが貯まって節約になるお話でした。

クレカ払いにできるものは全てカード払いにすれば、毎月800ポイントくらいは貯まる家庭もあると思います。

ただ、必ず一括払いを選ぶこと、ポイント目的にならないことの2つには注意してください。

クレジットカードを正しく使ってあなたの貯蓄が加速することを願っています。

貯蓄初心者でも安心!我が家の貯蓄の味方

クラウドバンクでほったらかし運用!

考えたり勉強したくない人はここが楽ちん!!
我が家のメイン運用先で、1000万円以上運用して「放置」しているソーシャルレンディング事業者です。

【おすすめポイント】
その1 証券会社が取り扱う融資型クラウドファンディング シェアNo.1
その2 実績平均利回り 6.99%
※2019年3月末までの3年間運用終了したファンド実績値(2016年4月?2019年3月末時点)
その3 デフォルト率 0.0% ※1 / 回収率 100.0% ※2
※1クラウドバンクファンドからの融資先が貸し倒れた率
※2クラウドバンクファンドからの融資回収率