資産とは?運用・貯蓄したい人が理解するべき資産の意味
こうちゃん

資産を増やしたいとおもっているのだけれど、何をすればいいかな

みよちゃん

資産といえばマイホーム。高級車とか腕時計とか?

たかちゃん

こんにちは!
貯蓄加速ブロガーのたかちゃん@chotakachanです!(詳細プロフィールはこちら)

資産運用とか、資産を増やすとか、資産って言葉が独り歩きしてしまいます。

しかも、資産って言葉には会計上の意味や投資、住宅購入など多くの場面で使われていて、それぞれ意味合いが若干違います。

今回は貯蓄加速の視点で資産について考えてみました。

貯蓄生活における資産の定義

資産のイメージって何でしょうか?

マイホーム、高級車、ロレックスの腕時計・・・

なんだか、高そうなものばかり思いつきますね。

この記事で伝えたい資産の意味は簿記や会計上の資産ではありません

会計上は現金や自動車は資産となりますが、貯蓄加速視点で考えると、

資産とは、100円を入れて101円以上になって出てくる何かと考えています。

株であれば配当金が振り込まれます。

アパート投資であれば家賃収入が振り込まれます。

ソーシャルレンディングであれば分配金が振り込まれます。

これらは100円投資して資産を手に入れれば101円以上になって返ってきます

お金について勉強している人は「お金がお金を稼ぐ」ことを理解しています。

なので、お金持ちと言われる人ほど、無駄な買い物はしないでさらに資産を買い増ししているのです

お金持ちがケチと言われる理由の一つですね。

「資産価値があるものしか買わない」これを徹底しているだけなのです

価値の目減りするものは資産ではない

金持ち父さん貧乏父さんという本の中でロバートキヨサキ氏は、「持ち家(マイホーム)は負債」と書いています。

持ち家(マイホーム)は維持費がかかる上に、持ち家自体がお金を生み出したりしませんよね

使えば経年劣化で価値が下がっていきます。

ロバートキヨサキ氏は「自分の支払いだけ」が増えていく買い物としてマイホームの購入は批判的です。

マイホームを一括で買えるのなら話は違いますが、通常は住宅ローンを組むでしょう。

そうなるとあなたはローンの返済のために、毎日働き続けないといけません。

お金を生み出さないものをローンで買う。

高級車や腕時計もそうです。

あなたの見栄や欲望を満たす買い物としては効果があるかもしれませんが、資産と勘違いしてそんなものを買い続けるとローンばかり増えて、貯金は一生貯まりませんよ。

お金を貯めて資産を買おう

あなたが、今後将来のために貯蓄をしていきたいなら、消費のためにお金を使うのではなく、それ自体でお金を生み出す資産を買いましょう。

資産がもたらす収入は給料とは別に手に入れるものです。

資産の具体例

金融資産

金融資産は株や外貨、貯蓄性保険、投資信託、ソーシャルレンディングとたくさんの種類があります。

これらに共通するのは、金融資産自体がお金を稼いでくれることです。

まぁ貯蓄性保険は最近良い商品ないので、無視してもいいと思いますが・・・

株や投資信託は配当金や運用益によって稼いでくれます。

外貨ならスワップポイントが付くでしょうし、貯蓄性保険も近年では利率が低いですが預けた金額よりも多い金額が満期返戻されるはずです。

ソーシャルレンディングは運用期間に合わせて分配金が入金されるので、これもお金がお金を稼いでくれる資産です。

日本の場合は銀行預金の利息がめちゃくちゃ低いのはご存じだと思います。

お金に賢い人は金融資産を効果的に買って、お金にお金を稼いでもらっているのです。

こういう思考ができる人は、どんどん貯蓄が加速していきます。

軍資金が必要ですが、時間を使わずにほったらかしなので忙しい会社員でも始めやすいです。

不動産

たまにビジネス系のテレビ番組でサラリーマン大家さん特集やってるのですが、アパート経営も不動産という資産を買って家賃収入を得ています。

今どのようなアパートが人気で高い家賃を稼げるかなどの知識や経験といった、スキルが必要な投資ではありますが

自分で使い続ける持ち家とは違い、お金を生み出す資産として不動産を買っている人も多いです。

自分のビジネス

最近はインターネットの発達や副業解禁などで、会社員としての仕事のほかに自分のビジネスを持つ人もいます。

元手となる資金が少ないメリットがありますが、お金を生み出すまでに時間がかかります。当然ビジネスの勉強も必要です。

資産となる有名なところだと、ブログやユーチューブのような形で記事や動画をインターネット上にアップして、そこからお金を生み出すものもありますね。

ブログは記事を書いたり、デザインを工夫したりと手間がかかりますし、成功するまでにかなりの時間がかかるので挫折率も高いらしいです。

でも、一度作成してしまえば、その後はメンテナンス程度でお金を生み出す資産になります。

そのほかのビジネスでも軌道に乗せるまでに時間がかかりますが、流れ始めれば立派な資産としてお金を稼ぐことができますよ。

元手となるお金よりも、仕組みを作る時間を投資して資産を作るイメージの方が強いかもしれません。

なので、資産として買うのとは異なりますね。でも、こんな稼ぎ方もあります。

我が家の場合

我が家は節約と運用のハイブリッドです。

会社からの給料は変わらないので、節約で自由に使えるお金=運用資金を稼いで、それを資産運用に回しています。

不動産を買うお金もスキルも無いので、僕はもっぱら金融資産を買っています。

具体的にはソーシャルレンディングです。

ソーシャルレンディングは毎月分配金が入金されます。利回りも6%後半ととても優秀です。

なかなか、ローンを組んでまでアパートを買う気にもなりませんし、
仕事でヘトヘトなのにさらにビジネスをする元気もないので、金融資産を増やすことを考えています。

劇的に資産が増えるわけではないので、毎月コツコツと確実に運用していますよ。

でも子供が大きくなるまでに間に合えばいいので10年計画です。それで十分間に合います。

さいごに

貯蓄加速視点での資産とは100円を101円以上にする何かというお話をしました。

好きなものを買っていいとは思います。

あなたの人生なので。

でも、資産を買い続けていけば、5年後10年後の自分と家族を楽させてあげることができるようになりますよ。

高級車やブランドものでは得られない未来をあなたも構築してみませんか?

我が家のメインはソーシャルレンディングでの運用です。

クラウドバンクという会社を利用して資産をひたすら増やしています。

貯蓄初心者でも安心!我が家の貯蓄の味方

クラウドバンクでほったらかし運用!

考えたり勉強したくない人はここが楽ちん!!
我が家のメイン運用先で、1000万円以上運用して「放置」しているソーシャルレンディング事業者です。

【おすすめポイント】
その1 証券会社が取り扱う融資型クラウドファンディング シェアNo.1
その2 実績平均利回り 6.99%
※2019年3月末までの3年間運用終了したファンド実績値(2016年4月?2019年3月末時点)
その3 デフォルト率 0.0% ※1 / 回収率 100.0% ※2
※1クラウドバンクファンドからの融資先が貸し倒れた率
※2クラウドバンクファンドからの融資回収率